読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沈む瀬と浮かぶ瀬

展覧会の感想など

足が冷えてつらい / 3月後半の展示メモ

近況報告。ダウントンアビーおもろい。足が冷えまくってやばい。

 

展覧会。

出光美術館の古唐津展。最終日の最後の2時間というとてつもなくギリギリの時間に駆け込んだ。案の定時間が足りなかった。前回(岩佐又兵衛)の展示も最終日の最後数時間とかに駆け込んで結構いい展示だったのに急いで回っちゃったということがあったので、後回しにせず見に行った方が良かったなとか思う。

良かった作品は色々あるけれど、しだれ落ちて混ざる釉薬の幻想的な青(あるいは緑)がとても綺麗だった。青が綺麗なものは勢いよく水の中に落ちていく様を思い出すのに、全体としては静謐な雰囲気があって魅力的だった。二面性を併せ持つ魅力は細部と全体という2つの対比にあるのかもしれない。

細部と全体。絵画の場合は細部と全体という時大小の切り取られた面積の中で比較すればいいけれど、陶芸の場合は比較の対象が少し違うだろうと思う。例えば異なる箇所の表面の手触り、厚み、重さ。思えば彫刻の場合は重さや実際の手触りは鑑賞のポイントにならないことが多いと思う。

 

山種美術館、日本美術の教科書展

これ行ったの大分前なのにめもるの忘れていた。これの1つ前が京都編で今回は東京編。今更ながら東山魁夷の絵の実物を初めて見たかもしれない。

 

行くの忘れそうな展示メモ

ティツィアーノヴェネチア派展(リベンジ) /河鍋暁斎展 / NSハルシャ展 /ミュシャ展 / 雪村展

/ ナビ派(リベンジ) /絵巻マニア列伝展

 

行くか迷うやつ

歌川国芳展 / 太田記念美術館でやってた国芳の図録まだあるならちょっと欲しい

 

前売り買うやつ

バベルの塔展 / アルチンボルド